2016年9月24日土曜日

もやもや

※僕の話は事実を誇張した上で成り立っている。

まだ僕が軽自動車を所有していた頃、車内では常にラップしていた。常にフリースタイルをしていた。
僕は一人きりで運転をしている時、ほぼほぼフリースタイルをしていたが、例外が二つだけあった。
一つ目は、柏市のタワレコかディスクユニオンへ行き、そこで買ったCDを聴く帰り道。
そして、二つ目は誰かと電話をしている時である。
当時はガラケー全盛の時代で、LINEなんてなかったから、長電話をするには金がかかった。
僕が年齢をとったからなのか、無料で通話できるようになったからなのかはわからないが、金がかからなくなると長電話そのものをしなくなった。
逆に当時は割と誰とでも長電話をした。人の顔を見て喋れない僕にとって、声だけの世界がちょうどよかったのかもしれない。
長電話をするきっかけも正直、よくわからない。道具的な用事があって電話したついであれもこれもとフリースタイルのように話題が出てきてしまうためだろうか。
長電話をする場所は決まって軽自動車の中だった。
通話をしながら運転をするのは違反だが、軽薄でモノの価値がよくわかってなかった当時の僕はあんまりそれを気にしていなかった。パトカーが見えたら膝下に電話を隠すくらいのもので、専用のイヤホンは買おうと思ってはいたけど、結局は金がなくて買わなかった。

千葉県の片田舎に住んでいたもんだから、千葉大学に進学した頭のいい地元の友人とはそれをきっかけにして二回くらいは長電話した。そして、二回くらいは遊びに行った。
そいつは、風俗店の味を覚え始めたらしく、下世話な話を下世話に聞こえない口調で話した。
中学の時からそうだったが、彼はあんまりスケベに見えないスケベだった。だから、彼がエロ本や官能小説を学校に持ち込んでも、彼の成年指定に対する態度と、教科書に対する態度があまりにも同列だからいやらしく見えないのである。
だから、風俗の話を始めたところで、奴はガールフレンドの話をするのと本当に変わらない温度になるのはわかっていた。
「やっぱり、おっぱいパブが一番いいっていう結論になった」
奴は大学論文のレジュメを説明するかのようなフラットな言い方で切り出した。
「やっぱりゴールまでいっちゃうと、気持ちが変わっちゃうんだよ。変わらない気持ちを最大限まで高めてそのまま帰るのが、一番幸せだって悟った」
僕は聞き上手な方じゃないけど、運転しながらだと妙に心地よく人の話が聞ける。
「例えばさ、嫌いじゃない人から告白されて付き合ったとする。付き合っていくに連れて嫌いになって別れたら悲しいじゃん。でも、嫌いじゃない人からの告白を断ったとするよ?したら、「あん時、付き合っておけばよかったなぁ」って物思いに耽る瞬間があると思うわけ。そういう時のもやもやってなんか幸せじゃない?」

じつはこの時、奴が言っていた事に僕は本人以上に共感していたと思う。
今もそれは継続中だけど、僕は風俗店にもキャバクラにも行った事がない。一回もない。
「俺は、おっぱいパブに行った事すらないっていうもやもやを持ち続けてる、最高に幸せな気分だ」
「いや、それは行った方がいいよ」
奴は、論理的な同調よりも、感情的な同情を優先しやがった。
「いや、だから行った事がない俺が、お前の行った話を聞いて、想像するわけ。それでよくない?一見よりも百聞を選ぶよ」
ちなみに僕は同じ理由でパスポートを持っていない。一度も外国に行った事がない。
「いやさ、おっぱいパブの帰り道のもやもやとさ、そのもやもやは違うと思うよ?おっぱいパブの帰り道のもやもやを体験してもらわないとさ。それに、俺はおっぱいパブ以外の風俗も体験してるわけ。体験した上でここに戻ってきてる。だから、もやもやの次元が違うはず!」
こんな風に変に頭のいい奴だから、僕は返す言葉がなくなって正直困った。
そもそも僕は議論が苦手なのである。




































「ごめんごめん、今パトカー通ってさ」
「なんかもやもやするなぁ、」