2016年7月17日日曜日

修飾活動

ワケあって、自分の事をもっと整理して見つめ直す必要があるなと思い、放置していたブログにでもそれを綴ってみようと到りました。暇な人はそんな僕の“作業”に付き合ってくれればありがたいな勝手に願っています。
テレビゲームをやってる友達をずっと見ていた側だった僕ですが、今回は僕がやってるこのロールプレイグなのかサウンドノベルなのか判別のつかないゲームを、優しい目で余計な口出しをせずに見守ってくれたらありがたいなと思います。

僕は言いたい事が言えない人間です。まあ、これは普通だと思います。
一般的な日本人らしい価値観だと思います。
僕はラップをすると言いたい事も言いたくない事も全部言ってしまう人間です。というか、下手したらラップでしか言いたい事が言えないのかもしれません。

たまちゃんっていう僕が大好きな先輩ラッパーがいるんですけど、最近のバトルしか知らない人は押忍マンさんのアルバムに客演したりしてるから聴いてみてください、格好いいです。そんなたまちゃんに千円貸した事があるんです。
そのあと、何回か一緒に遊んだんですけど、全く返す素振りがないので、まあ千円っぽっちだから忘れてるんだろうと僕は特に何も言わずにいました。
したら、とある小規模なMCバトルで、たまたま、たまちゃんと一回戦でいきなり当たったんです。
もう察しはつくと思うんですが、自分でもそこまで千円に執着してなかったはずなのに、「あの時の千円、いつになったら返すんだ?」とまあ先輩相手に酷い口調でラップしていました。
試合は僕の圧勝。
終わった後にたまちゃんが苦笑いしながら「返すよ!」って千円くれたのはいい思い出です。

常に奥歯に何かが詰まったようにして生きているわけじゃないんですが、MCバトル中に言うことがなくて困ったりしたら、奥歯の後ろを舌でなぞると何かしら出てくるって感じだと思います。汚いですね。

僕はこう見えて、大学生の頃は友達がたくさんいたんですよ。
理系の大学だったから、みんな一致団結して単位を取らないとヤバイってのもあったんですが、共同生活に近い感じで結構人といる時間が多かったと思います。
特別、趣味の合う人はいなかったんですが、逆に“普通の大学生は”こうやって遊んだりするんだって結構、達観したり馬鹿にしたりしないで普通にみんなすげぇなって思って酒を飲んだりしていました。
卒業して、しばらくすると世の中は、LINEをやってて当たり前の世界に変わっていきました。
僕はグループメールなるものがとても嫌いで、メールくらい一対一でやらせてよと思うのですが、やはり誰かの結婚式とかあったりするとグループメールが非常に便利らしく、3回くらいiPhoneなのに「俺、ガラケーだから」って嘘をついて断っていましたが、ついに2年前に観念して、LINEを登録しました。
基本的に僕はDOTAMAさんとしかLINEをしないのですが(なんか気持ち悪いですね)、たまに誰かが結婚したりするとLINEのメッセージの数が急に膨れ上がるのです。

そして、これが僕の最大の悩みなのですが、大学のLINEグループは12人いて、ほぼ毎月誰かの誕生日がやってくるんですよ。
その誕生日のたびに、おめでとうだのスタンプだので、画面が埋まっていくんですよ。
僕はグループメールだと人見知りが強くなってしまって、おめでとうすら言えません。
既読して、心の中でおめでとうと言っておしまいです。

ただ、僕が胸を痛めているのはそんな事じゃありません。
コンスタントに誰かの誕生日のたびに誰かが「◯◯誕生日おめでとー」とメッセージを入れるのですが。


僕の誕生日の時だけ、だーれもなーんにもしません。
2年連続で。

多分だけどそこで
「俺の誕生日、誰か祝えよ!!!」ってツッコミを入れれば済む話なんですが、なんせしばらく会ってない大学の友人なので、周波数の合わせ方が文字の世界じゃわからなくて、完全に人見知り。
タイマンだったら多分大丈夫なのですが、グループだと無理。

だから、僕は自分の誕生日をスルーされている事を言いません。
いや、言えません。

今、ラップが流行ってて、一般的な人にもそのブームが近付いています。
その大学の友人らの中にもフリースタイルラップを今から始める奴が出てくるかもしません。

その時は覚悟しとけよ、マザー◯ッカー。

とまあ、僕はそういうタイプの人間です。
自分ではかなり普通の人間だと思っています。

あー、リアルが充実するぜー。